top of page
検索

2024年2月28日、有名企業HEIL SOUNDの創業者でオーディオとアマチュア無線のパイオニアであるボブ・ハイル博士(K9EID)が逝去されました。享年83歳。1940年10月5日生まれのボブ・ハイルは、発明家、サウンドエンジニアとして輝かしいキャリアを積んできました。彼の名前は、グレイトフル・デッド、ジョー・ウォルシュ、ザ・フー、ピーター・フランプトンなど、ロックンロールのビッグネームと関連しています。ボブが1973年に発明したハイル・トーク・ボックスは、フランプトンの「Show Me the Way」などの名曲で聴くことができる。1970年代後半、ハイルサウンドはアマチュア無線市場に参入しました。

1966年には、ハイル・サウンドを設立し、ライブ・サウンド・システムの実験を行い、講堂からボーリング場まで、セントルイスのさまざまな会場の技術者になりました。当時、大型のサウンドシステムは比較的弱く、原始的でした。例えば、1965年、ビートルズはニューヨークのシェイ・スタジアムで、野球場のアナウンスシステムに接続されたShureボーカルマスターPAシステムのみを使用して演奏しました。 1970年代後半には、アマチュア無線専用のHCシリーズのマイクとして知られるHEIL SOUNDを開発しました。1980年代後半、ハイル・サウンドはホームシアターを製造・設置した最初のアメリカ企業の1つとなり、ハイルは主要なエレクトロニクスコンベンションで講演し、さまざまな機関でコースを教えました。


数々の賞や称賛を受け、2007年にはロックの殿堂に招待された。


ハイルは妻のサラとメトロイーストセントルイスに住んでいました。彼には2人の娘と義理の息子がいます。彼はフォックス・シアターでワーリッツァー・オルガンを弾き続け、主に50年代のサンダーバーズのビンテージ・カー・コレクションを所有していた。ハイルはまた、毎週土曜日の午後8時(中央ヨーロッパ時間)に5085kHzでオルガン音楽を演奏し、テネシー州レバノンのWTWWで放送されました。


ウィキペディアと「デイリーDX」からの情報付き。写真:QRZ.com/db/K9EID

DARC NEWSより転載 JA1FUY/NV1J 2024/03/05


Dr. Bob Heil, K9EID

閲覧数:21回

世界アマチュア無線デーは、IARU会員協会がIARUの能力を一般に示し、世界中のアマチュア無線家とのグローバルな友情を享受できる日です。

2024年、IARUは「つながりの世紀:アマチュア無線の革新、コミュニティ、アドボカシーの100年を祝う」というテーマを採択できることを非常に嬉しく思います。

IARUは2025年に創立100周年を迎えます。IARUは、フランスのパリで設立されて以来、アマチュア無線の革新を促進し、世界中のコミュニティでサービスの成長を促進するためにたゆまぬ努力をしてきました。

IARUは、多くの国やコミュニティから集まったボランティアに頼ることで、国際的および地域の規制機関でアマチュアサービスを代表してきました。IARUは1932年以来ITUのセクターメンバーであり、それ以来、ボランティアの活動は比類のない成功を収めています。WRC-23での成果で強調されたように。

創立100周年を前に、この100年にわたるアマチュア無線家の偉業を振り返る時間を設けるべきです。アマチュア・サービスは100年以上にわたって運営されてきましたが、1924年は大陸間のアマチュア通信が多かれ少なかれ一般的になった最初の年でした。それ以来、アマチュア無線家は、アマチュアサービスに関連する技術において比類のない進歩を遂げ、今日、世界的な通信を維持し、世界的な緊急事態に対応する上で重要な役割を果たしています。

世界アマチュア無線デーは、1924年以来の私たちの成果を振り返る機会です。私たちは、来年IARU100周年を祝うことを楽しみにしながら、私たちの多様なコミュニティと私たちが成し遂げた進歩と革新を祝うべきです。 以上、IARU NEWSから紹介しました。 JA1FUY/NV1J 2024/02/24


閲覧数:14回

コネチカット州ニューイントンのARRL本部にあるハイラム・パーシー・マキシム・メモリアル・ステーション(W1AW)は、ハイル・サウンドのハイル・アマチュア無線部門から機材の寄贈を受けました。

同社の創設者であるボブ・ハイル(K9EID)は、先駆的なオーディオエンジニアであり、熱心なアマチュア無線家です。彼の指示により、同社は4つのHeil Pro Set Elite HC-6ヘッドセット、3つのHeil Pro Set 3ステレオヘッドフォン、2つのHeil FS-3プレスツートークフットスイッチ、1つのHeil iCMマイク、1つのHeil PR 30マイク、およびさまざまなアダプターを寄贈しました。 この機器は、訪問オペレーターが使用したり、W1AWが平日の夕方に配信する音声速報用にステーションで使用されています。

W1AWのステーションマネージャーであるジョー・カルシア(NJ1Q)は、これらの機器は非常に役立つだろうと述べていますれら。「幸運なことに、毎年多くのオペレーターが訪問してくれますが、それらの稼働はすべて機材に負担をかけるので、「機器を新鮮に保つのを手伝ってくれたHeil Ham Radioの好意にに大変感謝しています。」と話しています。


↑Heil HAM RADIOから寄贈された機器

ARRL NEWS 02/02/2024より紹介しました。 JA1FUY/NV1J 2024/02/18




閲覧数:8回
bottom of page