検索
  • JA1FUY

ミズホ通信 MX-6トランシーバー

1981年10月、ミズホ通信の創業者、高田継男(JA1AMH)氏(SK)が開発・販売した6m SSB/CW QRPトランシーバー「ピコシリーズ」の一つ、MX-6が発売されました。ピコ6はキットX-6Kと完成品X-6Bがありました。オプションパーツも豊富で、他チャンネル水晶、ニカド電池、ピコ6専用のハンドストライプ、イヤホン、外部アンテナ用M型変換アダプター、12Vを9Vに変換するDC-DCコンバーターキットM-2も用意されました。


乾電池006Pを内蔵して250mWの送信出力が得られる仕様です。6m リニアアンプPL-6 (出力5W)も同時に発売されました。6段式ロッドアンテナを装備して、引き出すと全長50センチのハンディタイプのトランシーバーになります。PTTと電源スイッチ付きボリュームを側面に配置してあります。マイクはスピーカー金具に接着してありますので、このままSSBモードでの運用ができます。モードスイッチをCWにして内蔵のプッシュキーでCWの運用ができます。外部キーは底部のEXT KEYジャックへ差して使えます。


受信部はシングルスーパー方式を採用して感度も良好です。受信周波数は1個のクリスタルで50kHzをカバーするVXO方式を採用し、Aバンド/Bバンドの2個搭載で切換ができるようになっています。キットの組み立ては同梱の取扱説明書の実体図が詳しいので、キットファンから絶大な支持を得ていました。以上、40年前の名機を紹介しました。


(JA1FUY/NV1J) 2021/03.01



8回の閲覧

最新記事

すべて表示