検索
  • JA1FUY

ミズホ通信 MX-6トランシーバー

1981年10月、ミズホ通信の創業者、高田継男(JA1AMH)氏(SK)が開発・販売した6m SSB/CW QRPトランシーバー「ピコシリーズ」の一つ、MX-6が発売されました。ピコ6はキットX-6Kと完成品X-6Bがありました。オプションパーツも豊富で、他チャンネル水晶、ニカド電池、ピコ6専用のハンドストライプ、イヤホン、外部アンテナ用M型変換アダプター、12Vを9Vに変換するDC-DCコンバーターキットM-2も用意されました。


乾電池006Pを内蔵して250mWの送信出力が得られる仕様です。6m リニアアンプPL-6 (出力5W)も同時に発売されました。6段式ロッドアンテナを装備して、引き出すと全長50センチのハンディタイプのトランシーバーになります。PTTと電源スイッチ付きボリュームを側面に配置してあります。マイクはスピーカー金具に接着してありますので、このままSSBモードでの運用ができます。モードスイッチをCWにして内蔵のプッシュキーでCWの運用ができます。外部キーは底部のEXT KEYジャックへ差して使えます。


受信部はシングルスーパー方式を採用して感度も良好です。受信周波数は1個のクリスタルで50kHzをカバーするVXO方式を採用し、Aバンド/Bバンドの2個搭載で切換ができるようになっています。キットの組み立ては同梱の取扱説明書の実体図が詳しいので、キットファンから絶大な支持を得ていました。以上、40年前の名機を紹介しました。


(JA1FUY/NV1J) 2021/03.01



7回の閲覧

最新記事

すべて表示

LINKS

ARRL(US)  
DARC(DL) 
IARU (International)  
JARL(JA) 
NZART(ZL) 
RAC(VE) 
RSGB(UK) 
WIA(VK) 

eQSL.cc 
DXCCMost Wanted 
DXSCAPE 
DXSummi
JA-DXSCAPE 

 

記事の引用、転載について  

当ウエブサイトに掲載された各種記事を引用される場合は、出典(題名、著者名、QTC-Japan.com)の明示が求められます。ニュースの転載等は、クレジット(著作権の表記)が必要です。
例:【QTC-Japannews & topics 2014】のように付してください。また、各種論文(製作記事、取材レポート、調査・研究・考察記事、ビデオ、スライドショー、写真等)の利用・転載は当ウエブサイトならびに筆者に著作権がありますので許諾が必要になります。QTC-Japan.net  

 

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

お問合わせ・コンタクトはこちらから
 

© QTC-JAPAN 2000 - 2020