top of page

ボブ・ハイル博士、K9EID、SK

2024年2月28日、有名企業HEIL SOUNDの創業者でオーディオとアマチュア無線のパイオニアであるボブ・ハイル博士(K9EID)が逝去されました。享年83歳。1940年10月5日生まれのボブ・ハイルは、発明家、サウンドエンジニアとして輝かしいキャリアを積んできました。彼の名前は、グレイトフル・デッド、ジョー・ウォルシュ、ザ・フー、ピーター・フランプトンなど、ロックンロールのビッグネームと関連しています。ボブが1973年に発明したハイル・トーク・ボックスは、フランプトンの「Show Me the Way」などの名曲で聴くことができる。1970年代後半、ハイルサウンドはアマチュア無線市場に参入しました。

1966年には、ハイル・サウンドを設立し、ライブ・サウンド・システムの実験を行い、講堂からボーリング場まで、セントルイスのさまざまな会場の技術者になりました。当時、大型のサウンドシステムは比較的弱く、原始的でした。例えば、1965年、ビートルズはニューヨークのシェイ・スタジアムで、野球場のアナウンスシステムに接続されたShureボーカルマスターPAシステムのみを使用して演奏しました。 1970年代後半には、アマチュア無線専用のHCシリーズのマイクとして知られるHEIL SOUNDを開発しました。1980年代後半、ハイル・サウンドはホームシアターを製造・設置した最初のアメリカ企業の1つとなり、ハイルは主要なエレクトロニクスコンベンションで講演し、さまざまな機関でコースを教えました。


数々の賞や称賛を受け、2007年にはロックの殿堂に招待された。


ハイルは妻のサラとメトロイーストセントルイスに住んでいました。彼には2人の娘と義理の息子がいます。彼はフォックス・シアターでワーリッツァー・オルガンを弾き続け、主に50年代のサンダーバーズのビンテージ・カー・コレクションを所有していた。ハイルはまた、毎週土曜日の午後8時(中央ヨーロッパ時間)に5085kHzでオルガン音楽を演奏し、テネシー州レバノンのWTWWで放送されました。


ウィキペディアと「デイリーDX」からの情報付き。写真:QRZ.com/db/K9EID

DARC NEWSより転載 JA1FUY/NV1J 2024/03/05


Dr. Bob Heil, K9EID

閲覧数:23回0件のコメント

Commentaires


bottom of page