検索
  • JA1FUY

ロシア製の電鍵

1992年4月21日、JA1UT林義雄氏率いるグループは、ロシアのハバロフスクを訪ね、コンテスト局UZ0CWWから正式な許可を得てゲストオペレートして話題なりました。当時、参加したのはJA1UT、JA1UPA、JO3XER、JH7OHSの皆さんが、10m FMと50MHzにオンエアしました、


林義雄氏は「コンディションが余り良くなく10mFMで500局、6mで10局程度しか交信できなかった。ロシアの局は極めて友好的で日本のハムの訪問を望んでおり、沢山のJA局がロシアを訪れて運用している。」と語っていました。 この時、林氏からお土産に頂いたのが写真でお目にかけるロシア製の電鍵でした。通常は頑丈なプラスチック製のカバーに覆われていますが、そのカバーを開けると内部構造が一目瞭然、電鍵の間隙等の微調整が容易にできます。

(JA1FUY/NV1J) 2021/04/05



3回の閲覧

LINKS

ARRL(US)  
DARC(DL) 
IARU (International)  
JARL(JA) 
NZART(ZL) 
RAC(VE) 
RSGB(UK) 
WIA(VK) 

eQSL.cc 
DXCCMost Wanted 
DXSCAPE 
DXSummi
JA-DXSCAPE 

 

記事の引用、転載について  

当ウエブサイトに掲載された各種記事を引用される場合は、出典(題名、著者名、QTC-Japan.com)の明示が求められます。ニュースの転載等は、クレジット(著作権の表記)が必要です。
例:【QTC-Japannews & topics 2014】のように付してください。また、各種論文(製作記事、取材レポート、調査・研究・考察記事、ビデオ、スライドショー、写真等)の利用・転載は当ウエブサイトならびに筆者に著作権がありますので許諾が必要になります。QTC-Japan.net  

 

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

お問合わせ・コンタクトはこちらから
 

© QTC-JAPAN 2000 - 2020