検索
  • JA1FUY

小型ハンドヘルド・スペクトラム・アナライザーRF Explorer 3G ComboとRFE6GEN

今回も宝の持ち腐れ測定器を紹介しましょう。


ポケットサイズ・軽量・アルミ仕様、15MHz~2,700MHzと広帯域、アマチュアバンド、総てのVHF,UHF、FM放送、GPS、Wi-FiとBluetoothなどの周波数帯をカバーし、電界強度の監視などに使えます。3G Combo は単独で動作するがパソコン(Windows、MacOS版ソフトウェア)に接続してスペクトラム表示できます。本体は内蔵リチウムバッテリーで16時間持ちます。


RF Explorerは連続的に発生している電波(無変調連続波)、一定間隔に発信されるISMバンド*における監視、機器から送出される電波品質の測定、アンテナの指向性や増幅器の変更に伴う変化やノイズの解析、異なるチャンネルに移動する際の占有帯域の検出、現在値、平均値、最大値の表示に用いられます。なお、このユニットには RF ジェネレータ機能は含まれていないために、RFエクスプローラ信号発生器モデルRFE6GENを組み合わせます。

*ISMは"industry science and medical"の略で、産業科学医療用バンドと言われる。


主な仕様

周波数帯域:15~2700MHz

• 周波数スパン:112kHz - 600MHz

• グラフィックス LCD 128x64 ピクセル、屋外での優れた視認性

• PC Windows クライアントは、32 ビットと 64 ビットに対応

• 屋内可視性のためのバックライト

• 2標準SMA 50オームスペクトラムアナライザコネクタ:

o 左 SMA ポート(WSUB1G): 240-960MHz

o 右 SMA ポート(WSUB3G): 15~2700MHz

• 振幅分解能: 0.5dBm

• ダイナミックレンジ:

o 左 SMA ポート(WSUB1G): -115dBm から -15dBm まで

o 右 SMA ポート(WSUB3G): -110dBm から -10dBm

• 絶対最大入力電力(ダメージなし):

o 左 SMA ポート(WSUB1G): +5dBm

o 右 SMA ポート(WSUB3G): +30dBm

• 平均ノイズレベル(標準): -115dBm

• 周波数安定度(標準): +-10ppm

• 振幅の安定度):左 SMA ポート(WSUB1G): +-3dBm

       右 SMA ポート(WSUB3G): +-6dBm

• 周波数分解能:1kHz

• 分解能帯域幅(RBW):3kHz~600kHzの自動

• CE / FCC / RoHS準拠

• 重量:225g

• サイズ:113x70x25 mm


(JA1FUY/NV1J)2021・03・22





5回の閲覧

最新記事

すべて表示