top of page

月面初のアマ無線局JS1YMGが送信中

宇宙航空研究開発機構 (JAXA) は、2024 年 1 月 19 日に月調査用スマート着陸機 (SLIM) の着陸に成功しました。SLIM は、タッチダウンの直前に、 2 つの小型月面探査機、LEV-1 と LEV-2 を公開しました。LEV-2は月面を移動しながらデータを収集し、LEV-1はそのデータを受信します。

JAXAアマチュア無線クラブ(JHRC)のJQ1ZVIは、1月19日から437.41MHzでモールス信号を送信しているLEV-1のアマチュア無線免許JS1YMGを取得しました。探査機は円偏波の1W UHFアンテナを使用し、「アマチュアビジネスに関する事項」を送信しています。

アマチュア無線家たちは JS1YMG の信号の解析に熱心に取り組んでおり、EA4GPZ の Daniel Estévez 氏のブログでは、信号からモールス信号を復調し、符号列を抽出する方法と抽出結果が紹介されています。

信号がどれだけ長く聞こえるかは不明です。 JAXAは、SLIMは約14日間続く月の夜に耐えられるように設計されていないが、数日後に戻ると予想されている。2023年9月6日に打ち上げられ、2024年1月19日に着陸した。 SLIMの着陸により、日本は月面へのソフトタッチダウンを達成した5番目の国となった。 着陸は、目標のタッチダウン位置から 180 フィート以内という、並外れた精度で達成されました。


月面上での月面調査用スマート着陸船 (SLIM) のレンダリング。(宇宙航空研究開発機構) 以上はThe ARRL Letter (2024年2月1日)より転載しました。 JA1FUY / NV1J (2024/02/02

閲覧数:26回

最新記事

すべて表示
bottom of page