検索
  • JA1FUY/NV1J

週刊BEACONが休刊していた!

更新日:7月23日



アイコムのWebサイト「週刊EACON」が2022年3月31日で休刊していたことが分かりました。同誌は“ハムライフをもっと広く、さらに深く”をモットーにWebマガジン「週刊BEACON]を創刊し、アマチュア無線界に多くの話題を提供してきました。 私(JA1FUY)がOnlineとーきんぐのコラムを2000年10月2日、No.1「デイトンハムベンションで見た企業の良心」を書き始めたのを皮切りに、11月2日、No.2「55歳からの英会話」、12月2日、No.3「ハンズフリー装置の試み」、と順調に滑り出しました。


時は移ろい2021年2月1日、No.245「塩原温泉郷からリモートコントロール」を最終回として、筆者の都合により筆をおくこととなりました。連載期間は20年5か月の長きにわたり、編集者&ライター稼業の晩年に千載一遇の好機をいただきました。


コラムの「Onlineとーきんぐ」は月刊誌モービルハムに連載の「Talking with Overseas」(JL1EEE井上博氏)のタイトルをヒントにTalkingを「とーきんぐ」とひらがなにこだわり、係の方に提案しところ二三の候補の中から「Onlineとーきんぐ」が選ばれました。


今のところQTC-JapanのLINKから「週刊BEACON」へアクセスができ、「Onlineとーきんぐ」No.1~No.245の閲覧ができます。「エレクトロにクス立国の源流」、「エレクトロニクス工作室」、「アマチュア無線人生いろいろ」、「アマチュア無線のデジタル化」、「VUの開拓からモービルへ」が同じようにご覧になれます。中でも、私は「VUの開拓からモービルへ」を高く評価しており、全ページをプリントして保管しています。なお、同サイトのLINKがいつまで続けていただけるのか不明です。


余談ですが、井上博さんの「Talking with Overseas」は同氏の還暦を記念して、1991年5月号~2000年3月号のモービルハムのコラムを出版社の許可を得て私家版(A4判、約200頁)として復刻されました。


(JA1FUY/NV1J) 2022/07/22




閲覧数:5回

最新記事

すべて表示