検索
  • JA1FUY/NV1J

SSTVコンテストのお誘い

SSTV(Slow Scan Television)はカラー(白黒も)の静止画を送信・受信して得点を競うコンテストです。期間は8月1日~31日の1か月間、体力勝負のコンテストがまもなく始まります。JASTA(Japan Amateur SSTV Association)主催でコンテスト事務局はJA2HYD山越俊廣さんです。そしてQTC-Japan 2020は各クラス3名の方に盾を贈り、同コンテストを応援しております。


コンテストの主な規約

・なるべく自身の画像(イラストでも可)を入れて送信して下さい。

・コンテストナンバーは画像レポート+001から始まるシリアル番号です。

・20mバンドでの運用周波数は、DXバンドの14.230MHz周辺を避けて14.330MHz周辺での運用を必ず守って下さい。


ポイント

(1)3.5~28MHz帯 :1点 (7MHz帯は7.1MHz以上の周波数での交信を推奨します) (2)50~430Mhz帯 :2点

(3)1200MHz帯以上 :3点


マルチ

(1)JAのエリア(10エリア)

(2)JAを除くDXCCエンティティ(JDはDXCCのエンティティとしカウントする) DXCCエンティティ内のエリア(例えば、W1とW2の2エリア交信しても、Wとしての 1 マルチのみ)はマルチとしてカウント出来ません。

(3)運用日数 1日の運用 は1マルチとし最大10マルチ(10日以上の運用をしても10とする)。


総得点

(ポイントの和)×(マルチの和)。


●詳しいコンテスト規約(PDF)はこちらをクリックしてご覧ください。

では、SSTVコンテストのご健闘を祈ります。


(JA1FUY/NV1J) 2022/07/29


↑ SSTV コンテスト受信画(TNX JR1ENT 宮崎さん)JASTA Webサイトより)

↑QTC-Japanが3人様に提供する盾

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示