top of page
検索
  • JA1FUY/NV1J

200W局の再免許申請を済ませて

更新日:1月23日

このほど「電波利用 電子申請・届出システムLite」により200W局の再免許申請を行いました。Facebook等で見聞した通り、再免許の申請方法が親切でかつ簡単になりました。もっとも知らなかったのは小生だけかもしれませんので割り引いてお読みください。

発端は、免許の有効期間がいつまでなのか、壁に掲げてある3枚の免許状を見ることから始まりました。折に触れて眺めてはいるものの有効期間が「平成35年4月10日」と記載してあると、今は令和なので換算するとどうなる!? 西暦なら何年? 平成は元年(1989)から平成19年(2019)まで続きました。平成35年は令和5年になるから2023年となります。オッと今年じゃないか。しかも4月10日なので、あと2~3か月の猶予しかありません。確か1か月前まで再免許申請できるはずなので申請を急がなくては。

さっそく「電波利用 電子申請・届出システムLite 」Webサイトを開きました。免許状を手元に置いて、マウスを操作して申請を始めると、以前取得したユーザーIDとパスワードが有効で免許の番号を入力するとコールサイン、名前、住所などの情報が表示されました。変更等がないので進めて行くとあっという間に申請・届け出を済ませることができました。

再免許申請はを審査を経て3~4週間後には「審査終了」となるはずなので、手数料1,950円をネットバンキングで払い込み、一件落着となる予定です。免許状の受取のために「返信用封筒別送」の投函を忘れないようにします。来年(平成36年=2024年)は1kW局と50W局の変更申請が控えているので黄色信号が点灯しました。 平成35年、平成36年と記載された無線局免許状をお持ちの方はご注意ください。

(JA1FUY/NV1J) 2023/01/20


閲覧数:7回

最新記事

すべて表示
bottom of page