検索
  • JA1FUY

3バンドCWトランシーバーHB-1A

最終更新: 2月15日

珍しい部類に属する中国製のCWトランシーバーです。2001年頃、中国の桂林(BD4RG)で製造・販売されていると聞いて、上海アマチュア無線界の重鎮、徐儒先生(BA4AA)に依頼して訪中時に手に入れた珍品です。日本にも東京都台東区の業者により輸入・販売されていたと聞いていますので、愛用されている方もおられるかと思います。 運用可能なバンドは40m、30m、20mで受信だけなら5~16MHzを連続してCW、USB、LSBモードの受信が可能です。背面のカバーを外して単3電池8本が内蔵でき、送信出力は2Wでしょうか。12V時に4Wの出力が得られます。LCDには周波数、モード、電圧、Sメーター,RITなどが表示されます。20個のメモリ―には好みに合わせてコールサインなどの自動CQ送出機能もあります。周波数は100Hz、1kHz、100kHz,ステップを選択でき、RITを使用した場合は10Hzと100Hzになります。寸法は140×95×35(mm)、重量約500g、電圧9~14V。電子キーヤー(速度調整付き)、ストレートキー(2P)、パドルキー(3P)の認識は自動です。 超小型のキーはデイトンハムベンションで手に入れたブルドッグ・パドル・キー(K9LU)です。パドルはボタン、三角形の木製の台座に3個の吸盤を装備、机上にしっかり固定できます。接点間隔の調整やテンションの調整ができることになっているが、 難しそうなので購入時のままにしてあります。接続済み3Pコードにより、QRPトランシーバーにジャックを差して移動運用に使えます。値段は忘れましたが20ドル前後だったような記憶があります。


(JA1FUY/NV1J) 2021/02/15





9回の閲覧

最新記事

すべて表示

LINKS

ARRL(US)  
DARC(DL) 
IARU (International)  
JARL(JA) 
NZART(ZL) 
RAC(VE) 
RSGB(UK) 
WIA(VK) 

eQSL.cc 
DXCCMost Wanted 
DXSCAPE 
DXSummi
JA-DXSCAPE 

 

記事の引用、転載について  

当ウエブサイトに掲載された各種記事を引用される場合は、出典(題名、著者名、QTC-Japan.com)の明示が求められます。ニュースの転載等は、クレジット(著作権の表記)が必要です。
例:【QTC-Japannews & topics 2014】のように付してください。また、各種論文(製作記事、取材レポート、調査・研究・考察記事、ビデオ、スライドショー、写真等)の利用・転載は当ウエブサイトならびに筆者に著作権がありますので許諾が必要になります。QTC-Japan.net  

 

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

お問合わせ・コンタクトはこちらから
 

© QTC-JAPAN 2000 - 2020