検索
  • JA1FUY

Cub QRP CWトランシーバー

今回もコレクションの一つを紹介しましょう。2007年にARRLストアに書籍(ARRL’s Low Power Communication with 40-meter CW Cub Transceiver Kit)を注文しました。本と一緒にMFJの Cub QRP CWトランシーバーのキットが付いてくる異色のコラボレーションです。 価格は当時99.95ドル(現在は$105.95)、キットの内容は基板にICとトランジスタが実装済みで、コンデンサー、抵抗、コイル、水晶振動子、ボリューム、チョーク、ケース、組み立てマニュアルを含みます。キットの組み立て作業は数時間で終えるとありますが、私は組み立てを楽しみたいのでゆっくり丁寧に2日かけました。出力は最大2.2W、最小0.5Wまで絞れました。CWオフセットの調整法はOnlineとーきんぐNo.91を参照ください。 QRP CWトランシーバーの隣にある超小型電鍵は、ドイツのフリードリヒスハーフェンで開催のHAM RADIO 2011に出掛けたときにフレア・マーケット(のみの市)で珍しい電鍵を手に取って見ていると「15ユーロでどうだい?」とロシア人に声をかけられました。 「10ユーロ」と応じると、「これは新品だよ。EUでは15ユーロで売っている。」と引かない。もう一度「10だな。」というと、潮時と思ったのか「OK」、あっさり売買が成立したが、後で友人に「5ユーロだったかもしれない、」と、言われて苦笑いした思い出があります。 (JA1FUY/NV1J) 2021/01/11


29回の閲覧

最新記事

すべて表示