検索
  • JA1FUY

Cub QRP CWトランシーバー

今回もコレクションの一つを紹介しましょう。2007年にARRLストアに書籍(ARRL’s Low Power Communication with 40-meter CW Cub Transceiver Kit)を注文しました。本と一緒にMFJの Cub QRP CWトランシーバーのキットが付いてくる異色のコラボレーションです。 価格は当時99.95ドル(現在は$105.95)、キットの内容は基板にICとトランジスタが実装済みで、コンデンサー、抵抗、コイル、水晶振動子、ボリューム、チョーク、ケース、組み立てマニュアルを含みます。キットの組み立て作業は数時間で終えるとありますが、私は組み立てを楽しみたいのでゆっくり丁寧に2日かけました。出力は最大2.2W、最小0.5Wまで絞れました。CWオフセットの調整法はOnlineとーきんぐNo.91を参照ください。 QRP CWトランシーバーの隣にある超小型電鍵は、ドイツのフリードリヒスハーフェンで開催のHAM RADIO 2011に出掛けたときにフレア・マーケット(のみの市)で珍しい電鍵を手に取って見ていると「15ユーロでどうだい?」とロシア人に声をかけられました。 「10ユーロ」と応じると、「これは新品だよ。EUでは15ユーロで売っている。」と引かない。もう一度「10だな。」というと、潮時と思ったのか「OK」、あっさり売買が成立したが、後で友人に「5ユーロだったかもしれない、」と、言われて苦笑いした思い出があります。 (JA1FUY/NV1J) 2021/01/11


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

LINKS

ARRL(US)  
DARC(DL) 
IARU (International)  
JARL(JA) 
NZART(ZL) 
RAC(VE) 
RSGB(UK) 
WIA(VK) 

eQSL.cc 
DXCCMost Wanted 
DXSCAPE 
DXSummi
JA-DXSCAPE 

 

記事の引用、転載について  

当ウエブサイトに掲載された各種記事を引用される場合は、出典(題名、著者名、QTC-Japan.com)の明示が求められます。ニュースの転載等は、クレジット(著作権の表記)が必要です。
例:【QTC-Japannews & topics 2014】のように付してください。また、各種論文(製作記事、取材レポート、調査・研究・考察記事、ビデオ、スライドショー、写真等)の利用・転載は当ウエブサイトならびに筆者に著作権がありますので許諾が必要になります。QTC-Japan.net  

 

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

お問合わせ・コンタクトはこちらから
 

© QTC-JAPAN 2000 - 2020