検索
  • JA1FUY

iPod touchとBluetoothイヤフォン

散歩のお供に欠かさないアイテムを紹介しましょう。iPod touch第6世代 64GBを使い続けています。一時、散歩を止めていた時期があり、しばらくほこりをかぶっていました。昨年末、心筋梗塞を発症して検査入院、結果、梗塞を起こした血管にステント留置で命拾いをしました。退院後、散歩を勧められて20分間歩くところから始めて、60分ほど歩けるようになりました。歩くことに余裕が出てくると、音楽が欲しくなるとiPod touchの出番です。イヤフォンは音質に定評のある有線タイプのSONYノイズキャンセリングヘッドフォンMDR-NC22を使いましたが、散歩にケーブルがじゃまになりました。


そこで、ワイヤレスイヤフォンに代えることにして、手元のアクセサリーを調べると2種類のBluetoothイヤフォンが出てきました。Bluetooth タイプのiKanzi TWS-X9とSoundPEATS Q!0です。いずれもアマゾン特価で求めて死蔵していました。なぜしまい込んでいたかを思い出すと、一度試聴して音質が気に入らなかったのだと思います。


なぜ音質に難ありだったのか? ふと幾種類ものイヤーピースに注目しました。耳穴にフィットするイヤーピースを代えて音楽を聴くと、SONYのイヤフォンとそん色ないか、それ以上の音質に変化したではありませんか。何のことはない、イヤーピースへの知識がなかったというお粗末です。充電式収納ケースから取り出すとペアリングするイージーさ、75時間音楽再生、マイクを内蔵して携帯電話にも対応。なかなかの優れものです。


次にiPod touch第6世代の内蔵電池がへったていないか気になり、内部を開けてみました。事前にネットで開け方を調べていましたから、縁に爪を立てて本体に瑕を付けることなく開けてバッテリーにたどり着きました。色々調べてバッテリーを代えるのは時期尚早と結論して元に戻しましたが、バッテリーはアマゾンで購入できることが分かり一安心です。いまは第7世代ですけど、まだ使い続けることにしました。


ここで「東京モーターショー」21年開催を中止のニュースが飛び込んできました。隔年で開催される東京モーターショーの中止は予想していたといえ寂しい限りです。そして、我らのハムフェアはどうなるのでしょうか。


(JA1FUY/NV1J) 2021/04/21



5回の閲覧

最新記事

すべて表示