ファーストインプレッション

Lenovo IdeaPad Slim 360(17)

珍しい17インチフルハイビジョンディスプレイを持つ
2021年夏、処理能力最強クラスのノートパソコン
キャンペーン割引価格で77,880円

by Takashi Hioki. JF1GUQ / KA8J

1.jpg

初期設定を終えて回復ドライブを作成中。壁紙はネットからダウンロードしました

何気なくネットサーフィンを楽しんでいたら、パソコンメーカーLenovoの広告が目に留まりました。表題のLenovo IdeaPad Slim 360(17)がそれで、キャンペーン割引価格により77,880円で購入できるとのこと。試しに内容を見てみるとほんの2か月前、4月に発売された新製品で、ノートパソコンでは珍しい17インチのディスプレイが採用されています。しかも1920×1080ドットのフルハイビジョン仕様。映画データなどが美しく再現される高解像度のLEDバックライトIPS液晶画面。さらにボルテージを上げたのはCPUの仕様でした。

ハイエンドCPU Intel i7を凌駕するAMD社の自信作Ryzen7 5700Uは8コア16スレッドの最強ランク。それと8GBのRAM、512GBのSSDが搭載されていると言うではありませんか。同様のスペックを持つ他社のノートパソコンでは15万円以上の価格です。それから見れば約半額。通常価格132,000円がメーカー直販7万円台で購入できました。7万円台と書いたのには少し訳があります。同時期にPC向けのサイトとスマホ向けのサイトでは価格が異なって販売されていました。

そのため運よく72,600円で購入できた人もいたようです。また、私が購入したキャンペーン以外にもさらにお得な新しいキャンペーンが実施され、価格は一様ではありませんでした。ちょっと焦って購入ボタンを押してしまったようです。その仕組みに気が付いたのは、本機が届く数日前。すでにクレジットカードの決済が下りて間もなく製品が到着するというタイミングでした。

2.jpg

ミドルクラスのシリーズなのに実際はハイエンドマシン

Lenovo IdeaPad Slimにはいくつかのクラス分けされた製品が存在します。モデル名に含まれる360は700番台、500番台、300番台の3シリーズにランク分けされるIdeaPad Slimの中では廉価なグレードです。そのため過去の製品にはディスプレイの解像度や液晶に廉価な物が採用されたモデルもありましたが、本機はそのようなダウングレードの仕様ではなくて、本来であればワンランク上の5シリーズにランク分けされてもおかしくないハイグレードなパーツが採用されています。
簡単にスペックを紹介します。
 

IdeaPad Slim 360(17) 
寸法    399mm×274 mm×19.9mm
重量    2.2kg 
カラー アークティックグレー
画面    17.3 インチ(1920 ×1080)、127ppi、ノングレア(非光沢)
CPU    AMD Ryzen 7 5700U
メモリ    DDR4 PC4-25600 8GB
SSD    512GB(M.2)
OS    Windows 10 Home 64bit
I/F    HDMI/USB3.1 Gen1(USB3.0) Type-A/Type-C/SDスロット
その他    Webカメラ/Bluetooth5.0/日本語キーボード/テンキー
 

CPUの性能比較
3.jpg

執筆時点ではひとつ古いモデル「IdeaPad Slim 350」も併売されていますから、購入時にはスペックをよく確認してください。
マイクロソフトは2021年6月下旬にWindows10のOSを発表する模様です。実際の使用感はそのOSで行ないたいと思います。拙レポートが購入キャンペーンに間に合うことをお祈りいたします。

追記

IdeaPad Slim 360(17)は蓋を開けると電源が入る仕組みになっています。これはこれで便利に使えますが、簡単には「設定」で止められる機種があります。しかしながら基本はBIOSでの操作が必要のようです。「Windows 10のノートパソコンで、カバーを開いたときに自動的に電源が入る現象」をネット検索すると回答が出てきますので参考にしてください。

なお、アンチウイルスMcAFeeやMicrosoftのOffice(体験版)、コルタナなどが始めからインストールされていますが、私には煩わしく不要なソフトなので、すべて削除して整理しました。