ストーミー・ビーチ

​ニュース

日本のアマチュア無線局数 390,199

≪ 総務省無線局統計情報・2020年10月≫
 

電波利用ホームページの無線局統計情報によりますと、2020年10月は391,083局と発表されました。この数字は 前月比855局減となり、依然として減少傾向に歯止めがかかりません。
電波利用ホームページの無線局統計情報により「無線局統計情報」は、電波法により定められた免許又は登録を受けた無線局に関するデータから、無線局数等について集計した統計情報です。その中からアマチュア無線局の統計を抜き出しました。

 

太陽黒点相対数の推定値上昇傾向に

≪情報通信研究機構「宇宙天気予報センター≫

 

情報通信研究機構「宇宙天気予報センター」によると11月29日から12月22日の、太陽黒点相対数の推定値は、76をピークに上昇傾向にあります。同研究機構のWebサイトには「現在の太陽表面(白色光)の写真が掲載されていますが宇宙天気予報センターは地球近傍の宇宙環境に関する情報を提供していますので、ご覧になることをお勧めいたします。
同センターのURLは swc.nict.go.jp/  [現況→太陽黒点] 。

 

アイコム HF/50MHz IC-705専用オートアンテナチューナーAH-705新発売

アイコム株式会社は高インピーダンス系と50Ω系アンテナの両方に対応した IC-705専用オートアンテナチューナー AH-705新発売しました。31,800 円 + 税
 

・1.9~50MHz帯をカバー。 参考/ワイヤー長は1.9MHz帯:30m以上、3.5MHz帯以上:7m以上 ※ご使用の環境、条件等によりチューニングできない場合があります。
 

・八木やダイポールなど、50Ω系のアンテナを 接続できる同軸M型コネクターを装備。 IC-705とプラグ&プレイで簡単接続。
 

・IP54※の防塵防沫規格に対応。 ※ジャックカバー装着時
 

・単3形乾電池(2本)と外部DC電源に対応。
 

・付属のネジ端子付きM型コネクターで ワイヤーアンテナにも対応。
 

・190(H)×105(W)×40(D)mmの 移動運用に最適なコンパクトサイズ。

​詳しくはこちらへ。

アイコム コントロールソフトウェアダウンロードRS-BA1 Version2.21公開

アイコム株式会社はコントロールソフトウェアRS-BA1 Version2.21のダウンロードを2020年12月24日から公開しました。Version 2.20からの変更点としてRS-BA1の言語設定をドイツ語などに設定してIC-705を操作したとき、エラーダイアログが表示されることがある不具合を修正しました。

なお、本ソフトウェアでRS-BA1 (Version 1.**)をアップデートすることはできません。アップデート方法はアップデートしようとするRS-BA1 Version 2がインストールされているパソコンで、 ダウンロードしたファイルを展開(解凍)して生成される'Update.exe'を実行し、その後画面に表示される指示に従ってください。


同時に生成される'Recover_Setup_Rsba1_Control.reg'と'Recover_Setup_Utility.reg'は、RS-BA1 Version 2の設定(レジストリ)を初期化するためのファイルです。アップデートには、これらのファイルは使用しません。
容量23.03MB、zip形式。詳細はこちら

 

太陽黒点相対数の推定値上昇傾向に

≪情報通信研究機構「宇宙天気予報センター≫

 

情報通信研究機構「宇宙天気予報センター」によると11月29日から12月22日の、太陽黒点相対数の推定値は、76をピークに上昇傾向にあります。同研究機構のWebサイトには「現在の太陽表面(白色光)の写真が掲載されていますが宇宙天気予報センターは地球近傍の宇宙環境に関する情報を提供していますので、ご覧になることをお勧めいたします。
同センターのURLは swc.nict.go.jp/  [現況→太陽黒点] 。

 

 
 
 

日本のアマチュア無線局数 391,083

≪ 総務省無線局統計情報・2020年10月≫
 

電波利用ホームページの無線局統計情報によりますと、2020年10月は391,083局と発表されました。この数字は 前月比855局減となり、依然として減少傾向に歯止めがかかりません。
電波利用ホームページの無線局統計情報により「無線局統計情報」は、電波法により定められた免許又は登録を受けた無線局に関するデータから、無線局数等について集計した統計情報です。その中からアマチュア無線局の統計を抜き出しました。

太陽黒点相対数の推定値上昇傾向に

≪情報通信研究機構「宇宙天気予報センター≫

 

情報通信研究機構「宇宙天気予報センター」によると10月29日から11月28日の、太陽黒点相対数の推定値は、76をピークに上昇傾向にあります。同研究機構のWebサイトには「現在の太陽表面(白色光)の写真が掲載されていますが宇宙天気予報センターは地球近傍の宇宙環境に関する情報を提供していますので、ご覧になることをお勧めいたします。
同センターのURLは swc.nict.go.jp/  [現況→太陽黒点] 。

 

ハムフェア2021の開催日10月2日~3日

≪東京ビッグサイト 西展示棟 3・4ホール≫

 

今年のハムフェア2020につきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止並びに皆さまの安全確保を第一にやむなく中止としましたが、来年の「アマチュア無線フェスティバル2021(ハムフェア2021)」の開催日と会場が決定しました。

 

● 開催日 令和3年10月2日(土) および 10月3日(日)
● 会 場 東京ビッグサイト 西展示棟 3・4ホール
     (東京都江東区有明3丁目11-1)

 

なお、詳細については決まり次第、JARL Web等で順次案内します。

新型コロナウイルス感染症の感染防止、出展者並びにご来場の皆さま方の安全確保のため感染防止策などご協力をお願いする場合があります。また、感染拡大により安全の確保が困難な場合には延期または中止する場合があります。
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟。
 

 

 【総務省主催】
電波利用 電子申請普及・利用促進に向けたアンケート調査

≪2020年11月5日(木)~2021年1月11日(月)≫


この度、総務省主催(業務委託先:PwCコンサルティング合同会社)による『電波利用 電子申請普及・利用促進に向けたアンケート調査』を実施いたします。  約3分ほどで回答できる簡単なアンケートですので、お時間がございましたら是非ご協力ください。

【実施概要】  総務省では電子申請普及・促進に向けた活動として課題の整理検討を進めております。  これらの検討を行う上では、電子申請のユーザビリティ向上に係る実績等の可視化が不可欠であり、電子申請・届出システムLiteに係る有効性・効率性・利用者満足度等の現状調査を実施することといたしました。  皆さまの声をお聞かせいただき、今後の電子申請の利便性向上に役立てていきたいと考えています。

 

調査期間:  2020年11月5日(木)~2021年1月11日(月)

 

■主催:  総務省 総合通信基盤局 電波部 電波政策課 電波利用料企画室
 (業務委託先:PwCコンサルティング合同会社)

■参加方法:  アンケート調査にご協力いただける免許人の方は下記URLにアクセスし、ご回答をよろしくお願いいたします。(スマートフォンでも回答可能)

 

【アンケート登録URL】 ⇒  https://forms.gle/usW8mTjtQXNeUakd6  

ご質問・ご不明点等がございましたら、事務局あてに「電波利用 電子申請普及・利用促進に向けたアンケート調査について」である旨メールでご連絡ください。

◆本調査に関するお問い合わせ先◆
 
PwCコンサルティング合同会社
電波利用 電子申請普及・利用促進活動 事務局
Email: jp_cons_mic_partner_survey-mbx@pwc.com
(土日・祝日を除く) 

≪情報通信研究機構「宇宙天気予報センター≫


情報通信研究機構「宇宙天気予報センター」によると9月7日から10月6日の、太陽黒点相対数の推定値は、40をピークに上昇傾向に見えます。同研究機構のWebサイトには「現在の太陽表面(白色光)の写真が掲載されていますが宇宙天気予報センターは地球近傍の宇宙環境に関する情報を提供していますので、ご覧になることをお勧めいたします。 同センターのURLは swc.nict.go.jp/  [現況→太陽黒点] 。

 

太陽黒点相対数の推定値上昇傾向に

太陽黒点相対数の推定値ほぼゼロが続く 

情報通信研究機構「宇宙天気予報センター」によると7月13日から8月12日の、太陽黒点相対数の推定値は、21をピークにほぼ同じような日が続いています。同研究機構のWebサイトには「現在の太陽表面(白色光)の写真が掲載されていますが宇宙天気予報センターは地球近傍の宇宙環境に関する情報を提供していますので、ご覧になることをお勧めいたします。
同センターのURL: swc.nict.go.jp/ [現況→太陽黒点] 

 

日本のアマチュア無線局数 391,938

≪ 総務省無線局統計情報・2020年9月≫

電波利用ホームページの無線局統計情報によりますと、2020年9月は391,938局と発表されました。この数字は 前月比1,065局減となり、依然として減少傾向に歯止めがかかりません。
電波利用ホームページの無線局統計情報により「無線局統計情報」は、電波法により定められた免許又は登録を受けた無線局に関するデータから、無線局数等について集計した統計情報です。その中からアマチュア無線局の統計を抜き出しました。
 

 

日本のアマチュア無線局数 394,934

総務省無線局統計情報・2020年6月
電波利用ホームページの無線局統計情報によりますと、2020年6月は394,934局と発表されました。この数字は 前月比1,259局減となり、依然として減少傾向に歯止めがかかりません。
電波利用ホームページの無線局統計情報により「無線局統計情報」は、電波法により定められた免許又は登録を受けた無線局に関するデータから、無線局数等について集計した統計情報です。その中からアマチュア無線局の統計を抜き出しました。

 

アイコム 井上徳造氏 代表取締役会長兼社長に就任

アイコム株式会社は代表取締役社長の播磨正隆氏が病気療養のため代表取締役及び取締役を辞任し、代表取締役会長の井上徳造氏が代表取締役会長兼社長に就任しました。

 

井上徳造氏(いのうえ・とくぞう)
50年(昭和25年)奈良県立郡山高卒)。
64年井上電機製作所(現アイコム)を設立、社長。
06年会長。
京都府出身。89歳。JA3FA

 

アイコム Bluetooth通信に対応したトランシーバーID-52を発売

< 144/430MHz デジタルトランシーバーID-52>  

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:播磨正隆)は、JARLが推奨するアマチュア無線のデジタル通信規格D-STARR®に対応した144/430MHzデュアルバンドデジタルトランシーバーID-52を2020年9月に新発売します。

ID-52は弊社アマチュア無線用携帯機として初めて、カラー液晶ディスプレイを搭載。しかも、約2.3インチへサイズアップ(ID-51は1.7インチ)した他、半透過型ディスプレイを採用することで、太陽光のある明るい場所でも優れた視認性を実現しています。また、Bluetooth®通信にも標準で対応。画像トリミングソフトST-4001A/ST-4001IやコントロールソフトRS-MS1A等をインストールしたAndroid端末とワイヤレスで接続できる他、オプションのBluetooth®対応のヘッドセットVS-3を使用することができます。

さらに、前モデルID-51シリーズから、次の機能を強化。V/V、U/U、V/Uの2波同時受信は、DV/DVモードにも対応。エアバンドの受信周波数はVHFに加えUHF(225~374.995MHz)へ拡張しています。USB端子も装備し、USB充電にも対応した他、スピーカー出力も400mWから750mWへ大幅アップ。D-STAR®に関する機能では、新たにmicroSDカードに保存した画像をID-52本体のみで送受信し閲覧する機能を追加。スマホで撮影した写真はBluetooth®でID-52送ることができるので、気軽に画像伝送を楽しむことができます。

もちろん、簡単設定が好評のDR機能、精度が向上したGPS、IPX7※の防水性能、ターミナルモードやアクセスポイントモードへの対応など、魅力的な仕様となっています。ビギナーからD-STAR®をフルに楽しみたいというヘビーユーザーにもご満足いただける充実した機能を備えたID-52は、アマチュア無線のデジタル通信をリードしていく製品です。

 

おもな特長
屋外でも見やすい半透過型大型カラー液晶ディスプレイを初採用。 BluetoothR通信に標準で対応。 V/V、U/U、V/Uの2波同時受信を実現。DV/DVモードにも対応。 ターミナルモード/アクセスポイントモードなど、D-STARRの機能が充実。
UHF(225~374.995MHz/AMモード)のエアバンド受信にも対応。 スピーカー出力を750mWに大幅アップ(ID-51は400mW)。 バッテリーやマイク等はID-51のオプションを使用可能。

※バッテリーパック、アンテナを正しく装着した状態で、水深1mの静水 (常温の水道水)に静かに沈め、30分間放置したのちに取り出して、無線機として機能することです。

品名/型名    144/430MHzデュアルバンド デジタルトランシーバーID-52
価格    59,800円+税
発売日    2020年9月
年間販売予定数  3000台(国内)、7000台(海外)

LINKS

ARRL(US)  
DARC(DL) 
IARU (International)  
JARL(JA) 
NZART(ZL) 
RAC(VE) 
RSGB(UK) 
WIA(VK) 

eQSL.cc 
DXCCMost Wanted 
DXSCAPE 
DXSummi
JA-DXSCAPE 

 

記事の引用、転載について  

当ウエブサイトに掲載された各種記事を引用される場合は、出典(題名、著者名、QTC-Japan.com)の明示が求められます。ニュースの転載等は、クレジット(著作権の表記)が必要です。
例:【QTC-Japannews & topics 2014】のように付してください。また、各種論文(製作記事、取材レポート、調査・研究・考察記事、ビデオ、スライドショー、写真等)の利用・転載は当ウエブサイトならびに筆者に著作権がありますので許諾が必要になります。QTC-Japan.net  

 

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

お問合わせ・コンタクトはこちらから
 

© QTC-JAPAN 2000 - 2020