熱帯の島

​海外ニュース

 新しいFCC申請料はアップグレードに適用されない

New FCC Application Fee Will Not Apply to Amateur Radio License Upgrades

04/04/2022 ARRL NEWS
The Federal Communications Commission (FCC) staff has clarified in response to an ARRL request that the new $35 application fee will not apply to most license modifications, including those to upgrade amateur radio licensee's operator class and changes to club station trustees. The FCC staff explained that the new fees will apply only to applications for a new license, renewal, rule waiver, or a new vanity call sign. As previously announced, the new fees take effect on April 19, 2022.
 

"We are pleased that the FCC will not charge licensees the FCC application fee for license upgrade applications," said ARRL Volunteer Examiner Coordinator (VEC) Manager Maria Somma, AB1FM. "While applicants for a new license will need to pay the $35 FCC application fee, there will be no FCC charge for future upgrades and administrative updates, such as a change of mailing or email address. Most current licensees, therefore, will not be charged the new FCC application fee until they renew their license or apply for a new vanity call sign."
 

ARRL previously reported that the new $35 application fee for amateur radio licenses will become effective on April 19, 2022. Further information and instructions about the FCC Application Fee are available from the ARRL VEC at www.arrl.org/fcc-application-fee.

04/04/2022 ARRL NEWS
連邦通信委員会(FCC)のスタッフは、ARRLの要求に応じて、アマチュア無線ライセンシーのオペレータークラスをアップグレードするためのものやクラブ局の受託者への変更を含む、ほとんどのライセンス変更に35ドルの新しい申請料が適用されないことを明確にしました。FCCのスタッフは、新しい料金は、新しいライセンス、更新、規則の免除、または新しいバニティコールサインの申請にのみ適用されると説明しました。以前にお知らせしたように、新しい手数料は2022年4月19日に発効します。
 

「FCCがライセンスアップグレード申請に対してFCC申請料をライセンシーに請求しないことを嬉しく思います」とARRLボランティア審査官コーディネーター(VEC)マネージャーのMaria Somma、AB1FMは述べています。「新しいライセンスの申請者は35ドルのFCC申請料を支払う必要がありますが、郵送先や電子メールアドレスの変更など、将来のアップグレードや管理上の更新にはFCCの手数料はかかりません。したがって、現在のほとんどのライセンシーは、ライセンスを更新するか、新しいバニティのコールサインを申請するまで、新しいFCC申請料を請求されません。
 

ARRLは以前、アマチュア無線ライセンスの新しい35ドルの申請料が2022年4月19日に発効すると報じていた。FCC申請手数料に関する詳細情報および指示は、www.arrl.org/fcc-application-fee のARRL VECから入手できます

fcc.jpg

世界アマチュア無線デー WARD は4月18日

World Amateur Radio Day is April 18

04/08/2022 ARRL NEWS
World Amateur Radio Day (WARD) is April 18 and is celebrated worldwide by radio amateurs and their national associations, which are organized as member-societies of the International Amateur Radio Union (IARU).
 

It was on this day in 1925 that the IARU was formed in Paris. American Radio Relay League (today, ARRL The National Association for Amateur Radio) co-founder Hiram Percy Maxim was its first president.
 

"On World Amateur Radio Day, all radio amateurs are invited to take to the airwaves to enjoy our global friendship with other amateurs, and to promote our skills and capabilities to the public," said Bob Inderbitzen, NQ1R, ARRL Director of Public Relations and Innovation. "Use the backdrop of World Amateur Radio Day to describe and demonstrate ham radio to family, friends, and co-workers." While WARD falls on a Monday this year, Inderbitzen encourages amateurs and radio clubs to extend the celebration to include the weekend, or even all week. "Some radio clubs will even seek a proclamation from their town or state government, designating the period to recognize the contributions of radio amateurs to our communities, and the overall importance of our Amateur Radio Service," he said.
Read More

ご参考(翻訳)世界アマチュア無線デー(WARD)は4月18日で、国際アマチュア無線連合(IARU)の会員社会として組織されているアマチュアとその全国協会によって世界中で祝われています。
 

1925年のこの日、パリでIARUが結成されました。アメリカン・ラジオ・リレー・リーグ(現在のARRL 全米アマチュア無線協会)の共同創設者ハイラム・パーシー・マキシムが初代会長を務めた。
 

「世界アマチュア無線デーには、すべてのアマチュア無線家が、他のアマチュアとのグローバルな友情を楽しみ、私たちのスキルと能力を一般に宣伝するために、電波に乗るように招待されます」と、ARRLの広報およびイノベーションディレクター、ボブ・インダービッツェン、NQ1Rは述べています。「世界アマチュア無線デーの背景を使って、家族、友人、同僚にアマチュア無線を説明し、実演してください。WARDは今年の月曜日に当たるが、Inderbitzenはアマチュアやラジオクラブに週末、あるいは一週間中を含むように祝賀会を延長することを奨励している。「一部のラジオクラブは、町や州政府から宣言を求め、アマチュアの地域社会への貢献とアマチュア無線サービスの全体的な重要性を認識する期間を指定します」と彼は言いました。

スクリーンショット 2022-04-09 081246.jpg

 FCC アマチュア無線ライセンス申請料 2022年4月19日より発効

New Amateur Radio License Applications Fee To Become Effective April 19, 2022

03/24/2022 ARRL NEWS
FCC announces new fees, effective April 19, 2022 and mandated by Congress, will apply a $35 fee to applications for a new Amateur Radio license, modification (upgrade and sequential call sign change), renewal, and vanity call signs.
Read More

FCCは、2022年4月19日より有効で議会によって義務付けられた新しい料金を発表し、新しいアマチュア無線ライセンス、変更(アップグレードおよびシーケンシャルコールサインの変更)、更新、およびバニティコールサインの申請に35ドルの料金を適用します。

fcc.jpg

フリードリヒスハーフェンHAMラジオ2022 世界中の訪問者を歓迎

Friedrichshafen HAM RADIO 2022 Will Welcome Worldwide Visitors

03/21/2022 ARRL NEWS
With the recent relaxation of COVID-19 regulations, the Deutscher Amateur Radio Club (DARC) and Messe Friedrichshafen, partners of the HAM RADIO 2022 exhibition in Germany, are optimistically looking forward toward holding the 45th HAM RADIO from June 24 - 26 in Friedrichshafen, subject to the final official approval by the local authorities.
 

Appropriate hygienic and distancing measures will be in place for the safety of all visitors. These will have implications on the design of the stands, the opening ceremony, the presentation rooms, and the flea market area.
 

One of the largest amateur radio conventions in the world, alongside Dayton Hamvention® in the US and the Japan Amateur Radio League Ham Fair, HAM RADIO attracts exhibitors and visitors from more than 52 countries to Germany. ARRL The National Association for Amateur Radio® will be among the participating International Amateur Radio Union (IARU) member-societies exhibiting at the convention. HAM RADIO organizers say they are "looking forward to seeing you in Friedrichshafen!"

最近のCOVID-19規制の緩和に伴い、ドイツアマチュア無線クラブ(DARC)とドイツでのHAM RADIO 2022展示会のパートナーであるメッセフリードリヒスハーフェンは、地元当局による最終的な公式承認を条件として、6月24日から26日までフリードリヒスハーフェンで第45回HAM RADIOを開催することを楽観的に楽しみにしています。
 

すべての訪問者の安全のために、適切な衛生的で距離を置いた対策が講じられます。これらは、スタンド、オープニングセレモニー、プレゼンテーションルーム、フリーマーケットエリアのデザインに影響を与えます。
 

米国のデイトン・ハムベンション®や日本のアマチュア無線リーグ・ハムフェアと並ぶ世界最大のアマチュア無線コンベンションの1つであるHAM RADIOは、52カ国以上からドイツに出展者や来場者を魅了しています。ARRL 全米アマチュア無線協会は、国際アマチュア無線®連合(IARU)の加盟団体として大会に出展します。アマチュア無線の主催者は「フリードリヒスハーフェンでお会いできるのを楽しみにしています!

hamradio.jpg

新しいアマチュア無線ライセンス申請料が2022年4月19日より発効

New Amateur Radio License Applications Fee To Become Effective April 19, 2022

ARRL NEWS 03/24/2022

FCC announces new fees, effective April 19, 2022 and mandated by Congress, will apply a $35 fee to applications for a new Amateur Radio license, modification (upgrade and sequential call sign change), renewal, and vanity call signs.
Read More

FCCは、2022年4月19日より有効で議会によって義務付けられた新しい料金を発表し、新しいアマチュア無線ライセンス、変更(アップグレードおよびシーケンシャルコールサインの変更)、更新、およびバニティコールサインの申請に35ドルの料金を適用します。続きを読む

fcc.jpg

ウクライナで苦しんでいる人を忘れないで

Let’s not forget those dear ones who are suffer in Ukraine

From: W3UR Bernie McClenny via groups.io
Sent: Monday, March 14, 2022 8:03 PM
To: The Daily DX and The Weekly DX Mailing List
Subject: [The Daily DX and The Weekly DX] Let’s not forget those dear ones who are suffer in Ukraine

Let’s not forget those dear ones who are suffer in Ukraine
 

 

The Russian invasion into Ukraine is now on its third week with no end on the horizon. Even if time for us goes fast there are many who are suffering in the shelters hoping for the end of this unfortunate undertaking. For them 
time goes very slow.

One of them is UT5UY, Alex, with his wife Oleksanda and their 12-year old son Daniel. As we keep in daily contact with their underground shelter in Kiev we can all pray to God on their behalf and of all Ukrainians for fairness and humanity.

As of 1900Z yesterday Alex was OK when we wished him good night. His response is telling, "We only sleep partially, because a lot of terrible news and noise here. Our son is very sensitive to all this, as any child".

(The above picture is from last night)
 

clip_image001[17535].jpeg

差出人:groups.io経由のW3UR Bernie McClenny
送信:2022年3月14日月曜日20:03
宛先:DailyDXおよびWeeklyDXメーリングリスト
件名:[デイリーDXとウィークリーDX]
ウクライナで苦しんでいる大切な人たちを忘れないようにしましょう。
 

ウクライナで苦しんでいる愛する人たちを忘れないでください。

 

ウクライナへのロシアの侵略は今や3週目で終わりはありません。
時間が経過して苦しんでいる人はたくさんいます。この不幸な争いの終わりを望んでいる避難所で。彼らのために
時間は止まったままです。
 

キエフのUT5UY、アレックス、妻のオレクサンダとその12歳の息子ダニエルです。私たちは毎日彼らの地下シェルターと連絡を取り合っていますが、彼らのために、そしてすべてのウクライナ人のために公平性と人間性を神に祈ります。

昨日の1900Zの時点で、アレックスにおやすみなさいと挨拶をかわしました。彼は、「ひどいことがたくさんあるので、私たちは時々しか眠れません。」と言っています。

私たちの息子は、他の子供と同じように戦争におびえています。
 

(上の写真は昨夜のものです)
 

ウクライナアマチュア無線連合声明

From: W3UR Bernie McClenny via groups.io
Sent: Friday, February 25, 2022 5:58 PM
To: main@TheDailyDX.groups.io
Subject: [The Daily DX and The Weekly DX] Ukraine Amateur Radio Union Announcement


Yesterday the following message was posted on the Ukrainian Amateur Radio League (URAL) website and translated by Google….


Dear compatriots!

This morning, Russian President Putin declared war on Ukraine.

As Hitler once did, the Russian attack took place early in the morning, when Ukraine was resting peacefully before the working day. Explosions erupted in many cities, including military units, warehouses, infrastructure and air defense. The occupiers used planes, helicopters, drones and cruise missiles that flew from Russia, Belarus, Crimea and 
Transnistria. At the same time, a ground operation began.
 

Fighting is currently underway, and the Armed Forces of Ukraine are repelling the aggressor.

The LRU informed international amateur radio organizations about Russia's military invasion of Ukraine. To date, there have been many reports from radio amateurs around the world in support of Ukraine.
 

Follow the news from news agencies.

Please be informed that due to the imposition of martial law, the use of amateur radio stations is prohibited for 30 days. (Decree of the President of Ukraine № 63/2022 of February 23, 2022)
 

The LRU Executive Committee is working out and agreeing on the possibility of exchanging operational information. Radio frequencies will be reported additionally. or messages, please use the e-mail address uarlinfo@ukr.net, lru-25@ukr.net
 

We will win!

Glory to Ukraine!

ご参考(翻訳)
差出人:groups.io経由のW3UR Bernie McClenny
送信:2022年2月25日金曜日17:58
宛先:main@TheDailyDX.groups.io
件名:[デイリーDXとウィークリーDX]ウクライナアマチュア無線連合発表


昨日、ウクライナのアマチュア無線に次のメッセージが投稿されました。
リーグ(URAL)のウェブサイトとGoogleによる翻訳…。


親愛なる同胞!

今朝、ロシアのプーチン大統領はウクライナに宣戦布告した。ヒトラーがかつて行ったように、ロシアの攻撃は早朝に起こった。
ウクライナは就業日の前に安らかに休んでいました。

軍隊、倉庫、インフラストラクチャと防空。占領者は飛行機、ヘリコプター、ロシア、ベラルーシ、クリミア半島から飛んだドローンと巡航ミサイルドニエストル。同時に、地上運用が開始されました。


戦闘は現在進行中であり、ウクライナの軍隊は侵略者を撃退します。

LRUは、国際的なアマチュア無線組織にロシアのライナの軍事侵略。これまでに、ウクライナを支援する世界中のアマチュア無線から多くの報告がありました。
 

通信社からのニュースに従ってください。

戒厳令が課せられているため、アマチュア無線局は30日間禁止されています。 (大統領令ウクライナの№63/ 2022年2月23日2022年)LRU実行委員会は、その可能性について検討し、合意しています。
運用情報の交換の。無線周波数が報告されます。
さらに、またはメッセージについては、電子メールアドレスuarlinfo @ ukr.net、lru-25 @ ukr.netを使用してください。


私達は勝つ!

ウクライナに栄光を!

From: W3UR Bernie McClenny via groups.io
Sent: Tuesday, February 22, 2022 9:59 PM
To: The Daily DX and The Weekly DX Mailing List
Subject: [The Daily DX and The Weekly DX] Donetsk People’s Republic and Luhansk People’s Republic
 

Donetsk People’s Republic and Luhansk People’s Republic As of yesterday the Russian Federation recognized two parts of Eastern Ukraine and it is expected that many United Nation member countries, closely related to Russia, will endorse that recognition. Many seasoned DXers are now asking whether there will be one or two ATNOs in the  making? The Daily DX presented that question to OH2BH, Martti Laine,  DXCC architect from that region and here is his answer.
 

“No I am not on my way to Donetsk or Luhansk, but the question is indeed rather interesting”, Martti stated. “As all potentially new political entities, as an addition of the criteria itself, should go through a quick chemical test; Are they member of the United Nations and/or part of the U.S State Department list of Independent States in the World?”

As in both cases the answer is no and it is very unlikely that they would be considered.
 

Earlier today the NATO Secretary General stated “In 2015, the United Nations Security Council, which includes Russia, reaffirmed its full respect for the sovereignty, independence and territorial integrity of Ukraine. 
Donetsk and Luhansk are part of Ukraine”.
 

 現在の期待値を超えているサイクル 25

現在の黒点の開発では、太陽周期25の初めの予測を大きく上回っています。SWPC/NOAA グラフィックはこれを示しています。また、黒点の最大値が2025年に到達する可能性が高いことを示しています。

インタラクティブなグラフィックは、https://www.swpc.noaa.gov/products/solar-cycle-progressionの下で米国の気象庁NOAAの宇宙天気予報センター(SWPC)のウェブサイトで見つけることができます。(DARCニュース12.01.2022)

スクリーンショット 2022-01-13 162145.jpg

米国海洋大気局 宇宙天気予報センターより