モバイルバッテリーを電源としたヒーター回路内蔵のベスト

カインズホームで話題のヒーター回路を内蔵したベストに、100円ショップのダイソーで求めたモバイルバッテリーを組み合わせて、寒い冬を乗り切る試みです。

by Takashi Hioki. JF1GUQ / KA8J

b.jpg

電源オフ

c.jpg

d.jpg

e.jpg

モバイルバッテリーを電源としたヒーター回路内蔵のベストを購入しました。

数字の上が電圧、下が電流。バッテリーは10,000mAなので、単位を合わすと10Ahとなります。10÷1.65が持続時間になりますが、その値の7掛け程度が見込める時間です。4時間程度と言うのは正解のようです。

中と弱の場合は、通電時間を半分に制御する技術も使われているようです。現在、使用時間が短いのは、バッテリーの化学反応が正しい容量にまで達していないと想定されますので10回程度使えば、化学反応が復帰すると思われますが、その値の7掛け程度が見込める時間です。
 

guq.jpg

ベストはカインズホームで3,980円。バッテリーはダイソーの1,100円で購入しました。

a.jpg

バッテリーの比較は左がダイソー10,000mAh,中央が13,400mAh,右が20,000mAhです。容量2倍は重さも2倍です。

このベストは良いですよ。お勧めです。肩甲骨と腰辺りに発熱部がありまして、それがほんのり暖かくなります。首などにヒーターが入っているタイプは熱くなり過ぎるようです。他にワークマンの製品も評判が良いです。