パイオニアが語る

モービルハム草創期 1953~1963

約50年前の1959年10月、JA1YF/石川源光さん(故人)、JA1OS/柴田俊生さん(故人),JA1AC/村井洪さん(故人)の音頭で「モービルハムクラブ」=MHCが誕生しました。51MHz帯FMモードを使った本格的なモービルハムの登場です。
 

当時の無線機はRT‐70、RT‐66、,67、68、PRC‐6~10、BC‐1000、BC‐1335、VRC‐2、FRC‐20などの米軍からの放出品がほとんどで、中でもRT‐70が圧倒的多数を占めました。出力電力は0.5Wと小出力のため送信管 2E24、6146、829Bなどでブースターを製作して、DC‐DCコンバーターやバイブレーター、ロータリーコンバーターなどでB電圧を供給しました。

PRC‐6で交信中のJA1DWI/山田豊雄さん(SK)。(1960年頃)

車はMHCの名簿から拾い上げるとダットサン、プリンス、オースチン、ルノー、スバル360、ダッヂ、,ヒルマン、MG、フォード、オペルなど、往時を偲ぶ名車がズラリ並んでいます。MHCは後にJMHC(Japan Mobile Ham Club)日本モービルハムクラブと名称を変えてモービルハムの爆発的な普及の原動力となりました。

JA1DWI/山田豊雄さんのコリンズKWM‐2を搭載したモービルシャック。 (1962年頃)

JMHC 日本モービルハムクラブ

米軍放出品のRT‐70(47MHz~58.4MHz)車載用FM送受信機。JA1EQI/藤田進さん所蔵

PRC‐10(38~54.9MHz)車載小型FM送受信機。JA1AOU/近藤栄一さん所蔵

JMHCが企画した51MHz FMトランシーバー・キットの開発者JA1AQA/渋谷さん。

やがてハイテク最前線はトランジスタに移り、JMHC東京の有志は50MHzトランシーバーの基板を完成しました。 この頃、第1回全国大会(昭和41年8月20日、蒲郡)があり、この基板を持って参加し、入手希望の予約を取りメーカー品より安かったので注文が殺到しました。組み立ては市島徳一(故人・JA1GNQ)さん、渋谷昇三(JA1AQA/JA1FFY)さんが一晩で組み上げ、近藤栄一(JA1AOU)さんは、「いつも運び屋だった」と当時を懐かしく振り返っています。
 
BC‐1000は周波数の上限が48MHz、51MHzに変更するには、同調回路のチタコンを減らすと52MHzまで簡単に上げられました。感度がいまいちなので受信トップの1T4の代わりに6AK5に入れ替えたら結果は上々でした。もちろんフィラメント回路に30オームを挿入して6AK5のヒーターに対応したのはいうまでもありません。間もなくディスクリの1A3が断線したので1N34を代用して修復。これは柴田俊生(JA1OS、故人)さんが語る苦心談です。

JMHCが編集・執筆した無線と実験の増刊号「モービル・移動無線の技術」誠文堂新光社刊 と「'72‐'73JMHC/モービルハムコールブック」電波実験社刊を所蔵するJA1ID/倉本さん(SK)。

ヒルマンのリアバンパーに51MHzの1/4波長(1.5m)ステンレスホイップを装着しています。

ヒルマンのハンドル右のスペースにRT‐70をセッティングしたモービル局。JA1ID/倉本次彦さん。

携帯用小型トランシーバPRC‐6で通信中のカッコいい姿はJA1ID,倉本次彦さん。

1962年、JARLは各バンドに非常通信周波数を指定しました。FM:29.0~29.2MHzと51.0~51.2MHz、AM:28.1~28.3MHzと50.4MHz~50.6MHz。「非常通信の行われている時にこれらの周波数内で無駄なQSOをしないように」と申し合わせています。
 
1961年、同グループは毎月のように<遠乗会>を楽しみました。銚子(5月)、軽井沢(6月)、箱根(9月)、吾妻スカイライン(10月)、1962年1月(鎌倉・江ノ島)、3月(水戸)……ザッという音ともにスケルチが開いてFM特有のクリアーな音声が飛び込んでくる。車とアマチュア無線の楽しさを倍増したモービルハムの原点がここにありました。交通情報のやり取りにはじまり、見知らぬ土地の案内、旅館の手配までハム仲間は友情に満ちていました。

JA1HM/林秀夫さんのQSLカード。

ルノーと4分の1波長のホイップをにぎるJA1HM/林さん。

自動車とアマチュア無線をドッキングしたモービルハムの仲間たちは、クラブ組織を東京・城南(JA1HX)、城西(JA1YF)、城東(JA1AEW)、三多摩(JA1JTB)、横浜(JA1BLN)、地方区(JA3RF)に分けてそれぞれに責任者をおいたのが後にJMHCを冠したクラブが誕生するきっかけになりました。  同年4月の総会で周波数偏移を討議して「JMHCの規格として2MHz台のクリスタルを24逓倍して±15kHzの周波数偏移を得る」と決定しました。

JA1GW、日比五郎さん。タクシー無線改造機をセドリックに搭載。

タクシー無線の払い下げ品を改造しました。

この頃、車載無線機の花形だった米軍放出品が品不足となり、これに変ってタクシー無線の払い下げ品が各地に出回りはじめました。JMHCメンバーの搭載機種別使用率で、70%以上の高率を示したナショナル製のFM‐60‐10、周波数は54MHz~62MHzあるいは62MHz~68MHz用の2種類で水晶制御周波数変調方式の無線機でした。 1963年9月、JMHCはこれまでの51MHz 1チャンネルからサブチャンネルに51.2MHzおよび54MHz付近を提案しました。いよいよ多チャンネル化と全国的な普及に拍車が掛かりました。(終わり)

付録:JMHC会報 

 

ダウンロードしてプリント&製本すると、60年前のJMHCの会報が再現できます。

01.jpg

表紙をクリックしてご覧になれます。

JMHC 会報 No.1

(1961年9月16日発行)

今からおよそ60年前、モービルハムの先駆者たちが発行した歴史的な「JMHC会報」No.1 をPDFでご覧に入れます。
 

コンテンツは[巻頭言] JA1YF 石川源光氏、JA1OS 柴田俊生氏、[モービルハムクラブの現状] と[ヘイロウ、アンテナの実験] JA1DWI 山田豊雄氏が執筆しておられる。  B5判、24ページ、1色刷り (提供:JA1AT)

02.jpg

表紙をクリックしてご覧になれます。

JMHC 会報 No.2

(1961年12月3日発行)

「JMHC会報」No.2 のPDF版です。
 

[巻頭言] JA1DWI 山田豊雄氏、[BC-1000雑感] JA1OS 柴田俊生氏、 [車載用FM-AMアダプターの製作] JA1AT 横瀬 薫氏、「秋の吾妻スカイライン紀行」 JA1AOR 高野 茂氏。  B5判、24ページ、1色刷り (提供:JA1AT)

03.jpg

表紙をクリックしてご覧になれます。

JMHC 会報 No.3

(1962年5月26日発行)

「JMHC会報」No.3 のPDF版です。

[巻頭言] JA1DWI 山田豊雄氏、[JMHC NEWS] 、 [アンテナ2題] A Home made Bumper Mount、簡単なグランドプレーンアンテナの建て方、「雲助行状記」 JA3RF 桑垣敬介氏、JMHC交換欄、 会員名簿。B5判、24ページ、1色刷り (提供:JA1AT)

04.jpg

表紙をクリックしてご覧になれます。

JMHC 会報 No.4

(1962年9月23日発行)

「JMHC会報」No.4 のPDF版です。

[巻頭言] JA1DWI 山田豊雄氏、[JMHC NEWS] 、 [タクシー用無線機の紹介] 、「雲助行状記」 JA3RF 桑垣敬介氏、会員近況、JMHC交換欄、 会員名簿。B5判、24ページ、1色刷り (提供:JA1AT)

01.jpg

表紙をクリックしてご覧になれます。

JMHC 会報 No.5

(1963年9月10日発行)

「JMHC会報」No.5 のPDF版です。
 

[巻頭言] JA1DWI 山田豊雄氏、[JMHC NEWS] 、 [2メーター用ターンスタイル型アンテナ] (訳)JA1DWI、「紀行文 7月納涼ドライブ」 JA1AOR 高野 茂氏、新入会員紹介。B5判、24ページ、1色刷り (提供:JA1AT)

LINKS

ARRL(US)  
DARC(DL) 
IARU (International)  
JARL(JA) 
NZART(ZL) 
RAC(VE) 
RSGB(UK) 
WIA(VK) 

eQSL.cc 
DXCCMost Wanted 
DXSCAPE 
DXSummi
JA-DXSCAPE 

 

記事の引用、転載について  

当ウエブサイトに掲載された各種記事を引用される場合は、出典(題名、著者名、QTC-Japan.com)の明示が求められます。ニュースの転載等は、クレジット(著作権の表記)が必要です。
例:【QTC-Japannews & topics 2014】のように付してください。また、各種論文(製作記事、取材レポート、調査・研究・考察記事、ビデオ、スライドショー、写真等)の利用・転載は当ウエブサイトならびに筆者に著作権がありますので許諾が必要になります。QTC-Japan.net  

 

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

お問合わせ・コンタクトはこちらから
 

© QTC-JAPAN 2000 - 2020