Amazonの幸運なお勧め

IntelのNUCが格安で手に入った!

小型ベアボーンキット BOXNUC8I5BEK

by Takashi Hioki. JF1GUQ / KA8J

2022年7月、山中湖に設置してあるD-StarレピーターのサーバーPCが不調に。すぐに代替機を選定するために九十九電機のサイトで検索すると同型モデルは既に販売が終了していました。そこでAmazonからDellの小型PCを購入して、OS(CentOS7)をインストールしようと試みますが失敗。原因はBIOSからの起動がUEFIに変更されたことで、CentOS7は弾かれてしまいます。現行の商品はほぼこの仕様になっているようで、旧型PCを購入するしかありません。

私たちは運良く予備機をお持ちの方に分けていただき、無事JP1YLHは復活しました。
この時、Amazonで色々品定めしてヒットしたのがIntelのNUCで、数年前に九十九電機パソコン館で実機を見ていましたので、特長を覚えていました。

Linux対応モデルとWindows対応モデル(ライセンスが焼き込まれている)があり、CPUのクラス別、SSDの2.5インチ/M.2タイプによる数種のモデルが記憶されています。あいにく、今回のJP1YLH復旧には間に合いませんでしたが、それから一月ほど経った時にお勧めの商品として,「INTEL インテル i5-8259U M.2 SSDに対応 ハイパフォーマンス小型ベアボーンキット BOXNUC8I5BEK 日本正規流通品】」が紹介されてきました。新品は116,107円と、当時の倍額になっていましたが、25,980円の ”非常に良い” と表記されている中古がありますので、それを試しにポチッ!

IMG_20220826_162332532.jpg

小型ベアボーンキット BOXNUC8I5BEK【日本正規流通品】」

■インテルの公式サイト

インテルの公式サイトはこちらを参照してください。

対応OSにWindows11が明記されていますので、自宅PCの入れ替え用に試してみることにしました。このキットにはRAMとSSDが含まれていませんから、これを別途調達します。私は「Team ノートPC用 SO-DIMM DDR4 2400MHz PC4-19200 16GB x 2枚組 32GB kit 無期限保証」13,980円と手持ちの512GBのM.2タイプSSDで組み上げました。

本サイトの主宰者JA1FUY川合さんは「キオクシア KIOXIA 内蔵 SSD 2TB NVMe M.2 Type 2280 PCIe Gen 3.0 × 4 国産BiCS FLASH搭載 5年保証 EXCERIA G2 SSD-CK2.0N3G2/N 【国内正規代理店品】」21,980円を購入して2TBのストレージを実現しています。

IMG_20220828_075123480_HDR.jpg

Team ノートPC用 SO-DIMM DDR4 2400MHz PC4-19200 16GBx2枚組 32GBkit 無期限保証」13,980円

IMG_20220828_080155649.jpg

キオクシア KIOXIA 内蔵 SSD 2TB NVMe M.2 Type 2280 PCIe Gen 3.0×4 国産BiCS FLASH搭載 5年保証 EXCERIA G2 SSD-CK2.0N3G2/N 【国内正規代理店品】」21,980円

組み立て時の注意

裏蓋を開けると簡単に内部が見えます。RAMモジュールを2枚装着し、SSDを取り付けるだけの簡単な工作でハードウェアは完成します。気を付ける所としては正方形の裏蓋は取り付ける方向が示されています。よく見るとSSDが接触する部分に放熱の部材が貼りつけられていて、熱を逃がす工夫が施されています。

IMG_20220828_080657333_HDR.jpg

四隅のプラスねじを外すと裏蓋が外れる

IMG_20220828_080747318_HDR.jpg

​手前にメモリ(16GB×2)、奥にSSDを装着します。

x.jpg

SSDとメモリ2枚の装着を完了

P.jpg

フロントパネル。USB​ポート×2と電源スイッチ

IMG_20220828_075327810_HDR.jpg

リアパネル。電源端子、HDMI、LANポート、USBポート×2、タイプCポート

OSは最新のWindows11 Pro

マイクロソフトのサイトからWindows11のインストールメディアの作成が行えます。

スクリーンショット 2022-09-01 141022.png

現在使用しているPCから上記サイトにアクセスし、8GB以上のUSBメモリーを用意して準備を進めてください。

IMG_20220828_080320743.jpg

インストールは簡単です。NUCに付属の電源アダプタ、USBキーボード/マウスを接続し、HDMIでディスプレイをつなぎます。電源投入前にUSBのインストールメディアを差し込み、スイッチオン。

ライセンスはNUCに書き込まれていますので、そのままWindows11のインストールが始まり、完成します。

IMG_20220828_110910048_HDR.jpg

8GB USBメモリをUSBポートに挿して電源スイッチON。

IMG_20220828_110823280_HDR.jpg

Windows11 Proが起動

スクリーンショット 2022-08-29 135503.png

Windows11 Proがアクティブと表示されて認証完了。

注意事項:Intel NUCには多くのモデルが存在します。中にはWindows11未対応の物もありますから、入手する時は注意深く品番の確認と公式サイトによる情報を検討してください。AMDからの同様の超小型NUCキットが発売されていますから、そちらもお勧めします。

裏話:私はLenovo IdeaPad Slim 360(17)から取り外した512GBのSSDが残っていましたので、それを今回のキットに転用しました。

他にもWindows10をインストールしてあったSSDもありましたので、それを使ってみようとしましたら、インストール不可のメッセージが出ます。これはセキュリティ機能が未搭載のWin10で使用していたSSDでしたから完全に内容を消去して、物理フォーマットした状態で使用しないといけないことが分かりました。

NUCは特売品でもありますので、あえてURLは紹介しませんが購入した商品は天板、フロントパネルに保護用ビニールが貼りつけられている新品同様品でした。

NUCはとても小さく軽量なのでディスプレイ裏にVESA規格の取り付けスペースがあれば同梱の金具で取り付けることが出来ます。

IMG_20220828_075847843_HDR.jpg

ディスプレイ裏にVESA規格の付けられる金具

技術の進歩は素晴らしい!

オフィスで各種デザインに使用しているゲーミングPCは130W、対するNUC28W。そして性能ではシングルタスクでNUCに負けている。マルチタスクでも遜色ない性能でした。 i7のマシンは60万円でした。

スクリーンショット 2022-09-07 141441.png

MicroSDカードスロット

Intel NUCの正面からみて左側にMicroSDカードに対応したSDカードスロットを備えています。私は128GBのSDカードにムービーを何本かを保存しているほか、画像データなどの保存や他のPCへデータを移すときに利用しています。

microsdmemory.jpg

​NUCの左側にMicroSDカードのスロットを備えています。